富岡の”こんにゃくパーク”に行ってきました。

今日は、長かった群馬の旅も最終日です。最終日に訪れたのはココです。

 

このブログで紹介するのは、群馬県の富岡市にあるヨコオ こんにゃくパークです。

 

ここは、こんにゃくのテーマパークで
あの話題の世界遺産である富岡製糸場の近くにあります。

 

 

お盆後の平日でしたが、観光客が沢山いました。

 

敷地内に広い駐車場がありすぐに
車は止められましたが、結構こんな日なのに一杯でビックリ!

 

IMG_0595.JPG

こんにゃくパークが人気の理由

 

なぜ、このテーマパークはそこまで人気があるのでしょうか?

 

 

世界遺産の富岡製糸場の勢いに便乗しているから?

 

確かにこんにゃくを扱ったこの様な施設も珍しいですし、富岡製糸場とは
無関係ではありませんが最大の理由はコレだと思います。

 

 

このこんにゃくパークが今、人気の理由は! ここで蒟蒻を使ったバイキングのが味わえるから!

 

しかも! なんと料金はタダです。

 

ビックリですね。

 

信じられますか? バイキングがフリーですよ。

ケチケチ主婦は、テンションが上がってしまいました。

 

恐るべし、富岡こんにゃくパーク!

 

なんと、今年の四月に出来たばかりの
この場所は既にのべ十万人もの人を集客している様です。

こんにゃくパークは、お土産屋さんや工場見学なども充実しています。

 

確かに、タダって事も十分魅力的ですが
お土産をみてい てもコンニャクゼリーの詰め放題やコンニャクジャキー、コンニャクのお刺身、 ラーメン、うどんなどなど蒟蒻を使ってこんなに色々な創意工夫した料理が出来るんだぁーって感心してしまいます。

 

IMG_0599.JPG

 

こちらがバイキングの様子。

 

IMG_0610.JPG

 

その他にも田楽、カレー味、レバ刺し風など色々な料理に使える事がわかり
主婦としては、勉強にもなって良かったです。

IMG_0603.JPG

カロリーもやはり一料理で平均して
十数カロリーしかなくて如何にこんにゃく料理が健康にも良くて
ダイエットにも良いのかがわかります。

 

これが全て無料だから信じられないですね!

 

デザートのこんにゃくゼリーまで
食べてしっかりご満悦の私!

あの世界遺産”富岡製糸場”もこんにゃくパークのすぐそばです。

 

後は、工事見学も出来るので満足度がかなり高いテーマパークです。

 

ちなみにちゃんと世界遺産の富岡製紙場もみてきましたよ!食べるだけじゃないですから。。。。

 

IMG_0620.JPG

 

こんにゃくパークまでの行き方

 

残念ながら場所は非常に不便な場所にあるので、電車では最寄駅(上州福島駅)から徒歩で30分弱は

かかってしまいます。

 

この駅付近ではタクシーもつかまえるのが困難だと思います。

 

可能であれば車でいかれる事をおススします。

 

車であれば、上信越自動車「富岡インター」から約10分程度の場所にあります。

駐車場は十分ある様に見えましたが、連休時などは早めに行かれた方がよいと思われます。

 

カーナビでの検索の仕方や地図は、下記、こんにゃくパークの公式ページをご覧ください。

 

こんにゃくパークまでの行き方と住所はコチラ

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ