「女性ホルモン」とお肌の大事な関係?

女性ホルモンと言われてもピンとこない人が多いのではないでしょうか。

しかし、女性ホルモンはお肌を大きく左右する物質です。

また、ご自身の体の中で起きている現象なので、把握しておいて損はないでしょう。

 

女性ホルモンについて

 

二種類の女性ホルモンって?

 

まず、女性ホルモンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)

二種類が存在します。

 

それぞれの、ホルモンが分泌される時期と作用は、二つで異なります。

 

■ 黄体ホルモン(プロゲステロン)

 

時期:生理前

作用:皮膚分泌が旺盛になり、ニキビができやすくなる。また、シミもできやすい時期である。

イライラやむくみなど生理前の特有の体の変化もこのホルモンが引き起こしている。

 

■ 卵胞ホルモン(エストロゲン)

 

時期:生理後

作用:お肌を基本的に美しくくれるのがこのホルモンの特徴です。

コラーゲンを増やしお肌のハリツヤが良くなるのもこのエストロゲンのは働きです。

 

女性ホルモンについて知っておきたい事

 

女性ホルモンについて知っておきたい知識は、生理前後で別のホルモンが作用して

お肌や体に変化を与えているという事です。

 

例えば、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されている生理前は

お肌が非常に不安定な状態です。

シミもできやすいので、この時期は特に紫外線を避ける様な工夫が必要です。

 

また、肌の防御力も弱くなっているので化粧品はあまり使わない様が良いと

されています。保湿美容液でケアをするくらいに留めると負担が少ないと思います。

 

それから、卵胞ホルモン(エストロゲン)は生活習慣が乱れたりすると

分泌されなくなるのでお肌に影響がでてきます。

また、生理の周期が乱れると、エストロゲンが分泌されないので

お肌の美容に大きな影響を与えます。

ですので、周期を確認しておかしいなと思ったら産婦人科に相談するのが良いでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ