ニキビ痕の種類とお手入れ方法

ニキビ痕で悩んでいる方は多いと思います。かく私も過去にニキビ痕で悩んでいた一人です。

ここでは、ニキビ痕についての正しい知識とお手入れの方法をまとめてみました。

ぜひ、ニキビ痕への正しい理解を深めてケアをする上で少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

ニキビ痕画像

 

 

ニキビ痕の種類は一つではない

 

ニキビ痕と言うと、多くの人がイメージするのは、「陥没が残ったタイプのニキビ痕」ではないでしょうか。

私自身も、ニキビ痕やニキビ(私の場合は小さな赤みニキビやシミなど)に悩ませるまでは

ニキビ痕について漠然としたイメージしかありませんでしたが、一般的にニキビ痕は大きく

3つにカテゴライズされます。

 

赤みが残るニキビ痕

 

ニキビが治ったのに赤みが残って中々治らないのがこの赤みタイプです。

これは、ニキビの炎症のよって引き起こされるものです。

長い時には、数年間も肌に留まる事があるので注意です。

 

 

赤みニキビ跡

 

赤みニキビ痕の注意点 と対策

 

赤みニキビ痕 で気を付けなくてはいけないのは紫外線対策です。

赤みニキビ痕の上に日差しを浴びると、シミになって残る場合があり

厄介ですので注意です。

 

ビタミンC誘導体での対策やイオン導入が効果的です。

また、保湿をして肌を定期的に健康な状態にしましょう。

 

後ほど説明しますが、この段階でニキビもニキビ痕もケアしておいた方が

楽になりますのでくれぐれも放置しない様に気を付けましょう。

 

シミが残るタイプのニキビ痕

 

これは、上記で説明した通り、炎症したニキビ痕が

紫外線によってシミとして残ったものです。

 

赤みニキビもよーく観察するとちょっと茶色になっていませんか?

これが、シミニキビの正体です。(難しくは炎症性色素沈着という)

 

多くのシミ同様に不可能ではありませんが、消すのは難

しく残ってしまう事も多々あります。

 

シミニキビ痕

 

シミニキビ痕の対策は?

 

繰り返しになりますが、赤みニキビの段階でしっかりと

紫外線対策して、なるべ直射日光を避けるなどの対策をしましょう。

 

それから、シミに関しては美白化粧水などや上記のビタミン

Cを使った対策もとってみましょう。

 

 陥没クレターニキビについて

 

ニキビ痕の中で一番厄介で治りにくいのがこのニキビ痕です。

 

凹凸型のデコボコしたニキビがこれです。

 

陥没ニキビ痕

 

 

これは炎症が最大限まで進み毛穴まで破壊されていると皮膚がが難しいからです。

 

一番悩んでしまうのがこのタイプですがそれなりの覚悟を

持って賢い選択をする事が必要になってきます。

 

陥没ニキビの対策

 

上記で書いた様に元には戻らないのは、まず覚悟しなくてはいけません。

その上で、ピーリングや保湿などで年数をかけてお手入れをしていくか

レーザー治療という手もあります。

 

但しこれは、薄くなる可能性があるだけで元に戻る事はかなり難しいようです。

 

ちなみに上の赤みニキビからどんどん悪化していって

その分、お手入れも難しくなってきます。

 

理想論になってしまいますが、一番のお手入れは

ニキビを作らない事、またニキビができたら早めに

ケアする事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ