ニキビ痕はニキビを潰さなければ大丈夫?

ニキビ痕はニキビを潰さなければ大丈夫だと思っている人もいますが、実際の所、違う様です。

実は、ニキビを潰しても痕にならない人もいれば、潰さなくて痕になってしまう人もいます。

(当然、潰さない方が無難とはいえます。)

 

つまり、ニキビを潰さなければ、ニキビ痕にはならないと安心していると

後で困る事になってしまうので注意です。

ニキビ痕

 

 

ニキビ痕になるかどうかは、どう決まる?

 

 

ニキビ痕になるかどうかは、体質によって左右されるといいます。

体質とは、具体的にいうと免疫力や肌の回復力です。

 

つまり、同じケアをしていてもニキビがすぐに化膿したり

悪化する人もいれば、そうでない人もいます。

 

当然、ニキビが悪化するにつれて痕は、残りやすくなります。

これは、人の免疫力の差です。

 

ニキビ痕になるかどうかは個人差がある。

 

それから、同じニキビの段階でも、ニキビ痕になってしまう人もいれば

キレに治ってしまう人もいます。

 

これは、肌の回復力の差です。

 

また、男性の方は、ニキビ痕に関しては注意された方がいいでしょう。

肌が女性と比べて、硬い男性はニキビ痕になりやすいと言われています。

(もちろん、女性でもなりやすい人はいます。)

 

つまり、この記事で何を伝えたかったといえば、

ニキビができた時に、〇〇と読んだから私は、大丈夫だというのは

誰にも当てはまる事ではないという事です。

 

だから、大丈夫だと思ったが一番怖いのです。

ニキビ痕の究極の対策は、ニキビをつくらない事です。

 

理想を言ってしまえば、ニキビをできない様にするのが

一番です。

 

しかし、いくら気をつけていてもニキビはできてしまう事もあります。

 

ですので、ニキビ痕を防ぐには、ニキビができたら

軽く見ないでまず、治して繰り返さない様に最大限、努めましょう。

 

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ