ビタミンの種類とお肌への効果

ビタミンはおへと大きく左右します。

ここでは、ビタミンの種類とお肌への効果についてまとめてみました。

日常生活で以下のビタミンの種類を意識して食事をすると効果的だと思います。

 

ビタミンの種類とお肌への効果

ビタミンの4つの種類とお肌への影響について

 

まずは、それぞれのビタミンの種類です。

 

①ビタミンA

 

成分はカロテンで、体内でビタミンAに変換されます。肌や粘膜を丈夫
に保つ栄養素で、乾燥や肌荒れから肌を守ってくれます。

 

ビタミンAを多く含む食品:

 

卵、バター、鰻、烏賊

 

②ビタミンB群

 

緑黄色野菜にはビタミンB1,B2,B6などが豊富です。ビタミンB群は
健康な肌をつくるためと、代謝に欠かせないビタミンです。特にB6は
免疫機能を上げる作用もあります。

 

ビタミンBを多く含む食品:

 

B1 :玄米、豚肉

B2:レバー、ウナギ、豚肉

B6:肉、野菜、バナナ

 

③ビタミンC
ビタミンCは、シミのもとになるメラニン色素の生成と沈着をおさえる働き
があります。また、コラーゲンの生成や免疫力向上にもかかわっています。

 

ビタミンCを多く含む食品:

 

檸檬、苺、緑黄色野菜など

 

 

④ビタミンE
毛細血管の流れをよくして、新陳代謝の働きを助けます。女性ホルモンの
バランスを整える働きもあります。また、冷え症を予防する働きもあります。

 

ビタミンEを多く含む食品:

 

植物油、アーモンドなど

 

 

人の体も肌も毎日新しく入れ代わっていますが、肌は28日間かけて生まれ
代わります。年齢とともに肌のターンオーバーは遅くなり50代ともなれば、
個人差はありますが50日近くもかかると言われています。

ターンオーバーをスムーズに促すためには、緑黄色野菜をたっぷりとること
が欠かせません。
各自に合ったスキンケアをすることは大事ですが、まずは肌の新陳代謝を
良くするために、適度な運動とタンパク質および緑黄野菜の摂取は欠かすこと
ができないのです。

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ