手が荒れる?そんな時は?

手は、年齢を表すと言われています。

顔などは、お手入れしていても手が年を語ってしまう事はありますね。

でも、私たちは主婦は、食器洗いなどで手が荒れやすい環境にあります。

私も気をつけなければいけないと思います。

 

手

 

手は荒れ治おりにくい?

 

実は、手はとても荒れやすい環境にあります。

前述の通り、特に主婦は洗剤などを使いますので、素手などやっている

場合にはすぐに荒れを起こします。

 

洗剤は、油汚れを落とす為に、とても洗浄力の強い界面活性剤が使われています。

界面活性剤とは、水と油を馴染ませるもので、同時に人の皮脂なども奪います。

 

皮脂はバリア機能としてお肌を守っているので、これが洗剤でなくなってしまうと

いっきに、外部の刺激にさらされて皮膚が荒れていきます。

 

利き手の指から荒れていって、指紋がなくなっていき、ひび割れなどが起きます。

また、紙に触れるだけで、荒れたり乾燥が酷くなり悪化すると出血する事もあります。 

 

手荒れを防ぐ為には?

 

手荒れを防ぐ為には、まずは素手での食器洗いなどは極力避ける事です。

人の皮膚は、顔に使う事を想定したコスメでも、荒れる事があります。

食器の油汚れを洗う洗剤は、言うまでもありません。

 

ですので、ポリエチレンなどの手袋で保護する事が第一です。

 

それから、手の油分をハンドクリームなど付け足して守ってあげる事も大切です。

特に、年齢とともに人の皮膚は、手に限らわず乾燥しやすいので、顔と同じように

優しくお手入れをしてあげましょう。

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ