意外と盲点な注意すべきスキンケアとは?

ここで紹介するのは、スキンケアにおいて意外と盲点になっている注意すべき点について紹介していきます。

 

それは、お風呂に入って後や洗顔時に注意しなくてはいけません。

 

誰しもちゃんとバズタイムを楽しんだり、洗顔をしてその後にお肌のお手入れをするかと思いますが

 

でも、この間に盲点は存在します。

 

それは、バスタオルです。

 

f

 

 

誰でも洗顔やお風呂の後にこのバスタオルで顔拭きますよね?

 

でも、このタオルの清潔度によってお肌のコンディションが左右されるとまでは考えていないのでは

ないでしょうか。

 

事実、タオルに雑菌付着していたりしてそのタオルで顔を拭いたが為にお肌にトラブルを起こしている事って

結構、多いのです。

 

それからちゃんと選択していても、タオルを干すさいに花粉など目に見えないものが

タオルについていて肌が荒れるって事もあり得ます。

 

 

対処する方法は?

 

小まめに選択して干した後によく花粉など付着したものを払うのも必要ですが

顔だけ別にティッシュなどで拭くのも手です。

 

 

それでは自然乾燥は?

 

もっといけません。水滴がお肌に残っていると蒸発する際に

余計にお肌の水分を奪ってお肌が乾燥しますので自然乾燥ではなく

水滴をふき取りましょう。

 

 

もちろん、この事に注意した後はしっかり化粧水などでスキンケアをしましょう。

 

正しい方法の積み重ねがキレイなお肌を生むって事を理解してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ