黒いニキビ跡を治すには?原因や対策

黒いニキビ跡というのは、ニキビが炎症した後にシミによって残った場合です。

これを専門的には、「炎症性色素沈着」と呼びます。

 

結構、黒いニキビ跡は目立つので気になる人もいるかと思います。

ここでは、そんな黒いニキビ跡の原因や対処法について解説します。

 

黒ニキビ跡

なぜ?黒いニキビ跡の原因は?

 

まず、黒いニキビ跡の原因は、

冒頭で書いた通り「炎症性色素沈着」によるものです。

 

これは、ニキビ跡が炎症により

メラニン色素を刺激してシミとなるのです。

 

例えば、虫刺されなどが炎症を起こして

その後に黒くシミになるのと同じ原理です。

 

また、炎症を起こして、どの程度シミになるかは

人の体質にもよります。

 

ただ、一点気を付けなければいけないのは

日焼けを受けると黒いニキビ跡は消えにくくなりますので

しっかりとしたお手入れが必要です。

黒いニキビ跡を治すケアの方法は?

 

ですので、この日焼け予防に気をつけるのと同時に

黒いニキビ跡を治すに一般的な方法としては、

 

.ピーリング

.美白ケア

 

が一般的です。

 

専門でピーリングなどを施術して貰う方法も

ありますが、面倒であったり費用を考えると

まず、化粧品でケアするという方法もあります。

 

美白ケアに関して、有効成分として

認められているプラセンタエキスなどが有名です。

↓ ↓ ↓

プラセンタ化粧品

 

後、一本で美白ケアや肌の改善を目指すのであれば

コレは、ニキビ跡ケアとしてはオススメの化粧水です。

 

↓ ↓ ↓

 

ニキビ跡ケア化粧水「リプロスキン」

 

黒いニキビ跡は放っておいても

数年でキレイに消える場合もありますが、

紫外線ケアを怠ると消えなくなる事もありますので

お手入れをして早めに、対処する事が大切です。

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ