なぜ、ニキビ肌は保湿する必要があるのか?

ここでは、なぜニキビ肌は保湿をする必要があるのかという疑問について調べてみました。

私、自身もニキビに悩まされた時に保湿すると良いと知識としては知っていましたが理由までは

詳しくは、知りませんでした。

 

インターネットや本などで色々調べた所、この答えを見つけてそれ以来

ニキビや肌荒れが起きる際にはしっかりと保湿する事にしました。

保湿ケア

保湿とニキビの意外な関係

 

健康な角質を生むのには「保湿」は不可欠です。

なぜなら、健康な角質は潤いがあり柔らかいのです。

反対に、健康でない角質は固く毛詰まりを起こしやすくなっています。

 

ニキビはこの毛詰まりから生まれるので、保湿をして潤いのある

角質は、ニキビが発生しにくい肌と言えるのです。

潤いイメージ

 

 

保湿だけではなく、油分もニキビには必要

 

また、ニキビ=油という図式からクリームや乳液などは敬虔されがちですが

大人ニキビの場合で、年齢が高目の方は脂分が不足して潤いを保護する

膜が少ない事もあります。

その際は、水分だけではなく油分も足してあげる必要があるのです。

(但し、オイリー肌の人はサッパリ目のジェルなどが理想)

保湿する際の化粧品は?

 

保湿する際の化粧品として理想的なのはセラミド配合のものです。

セラミドは高価な反面、保水力が高く潤いを肌に与えてくれます。

 

セラミド配合の化粧品をえらぶ際には「セラミド1」「セラミド2」など

数字の入ったものを選ぶと効果を実感できると思います。

反対に、そうでないもだと似た働きをするニセモノも存在する事を頭にいれておきましょう。

 

また、セラミドよりは劣りますが、比較的安価で保湿によいのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸はバイオ技術によって、量産されるので値段も手頃でそれでいて

肌の表面の保湿力に優れているのでコスパがいいのです。

 

セラミドイメージ

 

 

ニキビ、肌荒れと保湿のまとめ

 

肌にトラブルがある場合、特にニキビなどは肌の油分を敵視するあまり

洗顔などでとにかく油分を落とす事に気がいってしまいがちですが

本来、大切なのは肌を保湿する事です。

 

時にはお肌の保護も考える

 

それから年齢によっては、油分で蓋をしてあげて水分が逃げない様な

スキンケアを施す事が重要になってきます。

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ