コスメの安全と「全成分表示」について

化粧品によってお肌が老化したり、有害だったりする可能性がある。

これは、世の中に浸透してきて「オーガニック」や「無添加」の化粧品が世の中に浸透して

支持されています。

しかし、実はこの「オーガニック」や「無添加」という表現は非常に曖昧で

どこまでがその定義になるのかは、化粧品メーカーそれぞれの判断に委ねられている部分が大きいのです。

 

化粧品

 

無添加のコスメと「全成分表示」について

 

つまりは、「~が無添加」と謳っていてもその他の部分でケミカルな成分

が入っている事も多いのです。

 

過去には、アレルギーになる恐れのある成分を「表示指定成分」として

表示の義務付けがありました。

しかし、2001年より「全成分表示」という形式に変わりました。

この「全成分表示」とは、企業にできるだけ全ての成分を公開させるものです。

 

しかし、この「全成分表示」の問題点は、成分は公正に公開されるのですが

一般の消費者である私達にとっては、いちいち成分を判断できない点にあります。

 

つまり企業は全ての成分を明らかにする事で、責任は選んだ消費者にあるという事です。

 

繰り返しになりますが、化粧品のラベルを見た事のある方はわかりますが

素人の私たちには、理解するのはとてもではありませんが難しい事が多いのです。

「全成分表示」のルールについて

 

しかしながら、少しでも私たちの責任において化粧を選んで後悔しない様に

ここでは、最低限の「全成分表示」のルールについて解説します。

 

「全成分表示」のルールは以下の通りです。

 

 

■ 実は、成分は含有量の多い順番に書いてある。

 

■ キャリーオーバー成分は表示する義務がない

(キャリーオーバー成分は一つの原料を抽出

や保存する時に使われる成分です。酸化防止剤や

防腐剤などが該当します。)

 

■ 1パーセント未満の成分は、順不同でまとめて表記

 

■ 着色料は最後にまとめる。

 

 

どうでしょうか? 意外と知らない事も多いですよね。

この「全成分表示」のルールの様に

企業側のイメージに踊らされる事なく私達も少しでも知識をつけて

道のりは長いですが、一歩一歩賢くなっていく事がこれからは必要になってくるのでは

ないでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ