ジュエルレインのニキビへの効果とは?

ジュエルレインは、保湿性が高くて炎症を抑える成分もあるのでニキビケアには適した美容ジェルです。

私がこのジュエルレインというアイテムを使ってニキビを治した経験からこの化粧品について

紹介させて頂きます。

 

このジュエルレインは決して安くはないですが集中してニキビケアに取り組むには

おススメのコスメです。

 

この商品を販売しているピカイチという会社では、”背中ニキビ”を治すジェルとして

宣伝していますが、 もちろん顔のニキビに使って問題ありません。

 

 

値段を考えてどうしたら集中してこのジュエルレインを有効活用できるのか

経験を元に書いていますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

<因みにこれが、ジュエルレインです。>

 

 

ジュエルレイン画像

 

ジュエルレインは本当にニキビに有効なのか?

 

ニキビの原因は非常に複雑でこれが原因というのを特定するのは非常に困難ですが、唯一有効な対処方法を

挙げるとしたら”保湿”する事です。

 

保湿する事は、ニキビでお手入れだけではなく、もちろんお肌を美しくする為の基本ですが

ニキビケアにとって保湿は繰り返し叫んでも足りない合言葉なのです。
保湿する事は、ニキビの助長を妨げてお肌が自然とニキビを克服するのを助けます。

(ターンオバーというやつです。)

ですのでジュエルレインは”ヒアルロン酸” ”コラーゲン”他しっかりとした保湿成分が

含まれていますので保湿に関しては安心して使用できます。

check

ヒアルロン酸とは、お肌に存在するゼリー状の物質で水分を蓄える力があります。

コラーゲンも肌で弾力をもたせる働きをしている成分。化粧品では、保湿成分として使用。

 

 

それから、もう一つのジュエルレインがニキビが出来た時に効果を発揮するのは炎症を抑えるという事です。

具体的には、グリチルリチン酸ジカリウム アラントインなど炎症を抑える成分が配合されています。

 

check

グリチルリチン酸ジカリウムは高い抗炎症作用と抗 アレルギー作用で知られている成分です。

アラントインは、皮膚疾患や火傷の治療などに使われる物質です。

 

 

なのでこのジュエルレインはニキビにこの様に作用します。
プラスアルファでプラセンタなどニキビ痕をなくして

キレイなお肌サポートする成分も入っているので

トータルでニキビや跡をケアしてくれるのです。
ジュエルレイン作用a

 

 ジュエルレインの使用感想や口コミ

 

私自身、このジュエルレインを集中して使用してニキビをケアしました。

ニキビと軽い赤身ニキビ痕が出来て非常に悩んでいましたが集中してお手入れをして

これらのニキビがきれいになりました。

 

ジュエルレインは冒頭にも書いた通り非常に高いので

使い続けていくのは金銭的余裕がないと難しいです。

 

ジュエルレインの使用前

 

ジュエルレインには、集中プランというのがあって定期購入により

定価より断然安く購入できるのでコチラで取り組むのがベストです。

(最低2回の継続が必要です。)

 

三か月から四か月くらい使用してニキビや赤身はすっかりよくなった為

定期プランは解約しました。

現在はピカイチから発売されたオールインワンジェルの

ビバレインなど他の美容液をいくつか使用しています。

(ビバレインはジュエルレインより値段的にお手頃なので)

 

ジュエルレインアドバイス

 

ジュエルレインの使用上の注意と返金保証

 

ジュエルレインを使用する際にはとにかく小まめに使う事です。

携帯して一日何回も使いましょう。(その代り一回の使用量は少なくてもOK)

それから、睡眠など十分にとってニキビケアに取り組むと尚、効果的です。

以下の事に注意してニキビケアをすると適切にニキビを治せる可能性が高まります。

ジュエルレインは決して安くないので無駄にしないように集中してニキビのお手入れ

をしましょう。

 

ジュエルレインとライフスタイル

 

check
効果が薄いと感じる方は、ジュエルレインの浸透を上げる為に

リプロスキンと併用する事も一つの選択肢です。

肌があれて角質がゴワゴワしていると美容液など浸透しない

可能性もあります。

その場合は、リプロスキンで一度、肌を整える必要があります。
 

 

最後ですが、この美容ジェルには返金保証があります。

上記でも書いた”集中プラン”と”定期購入”に関しては下記の

ピカイチのジュエルレイン公式ページからお申込みできます。

 

返金保証や定期購入に関しては注意事項をよく読まれて

購入下さい。

 

矢印ジュエルレインの公式ページはコチラ

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ