ファンデーションで敏感肌にも使えるのは?

敏感肌の場合は、わずかな外部からの刺激に反応しますのでファンデーション

も質の良いものでないと辛い場合があります。

ここでは、敏感肌の解説と敏感肌でも使えるファンデーションについて解説していきます。

 

ファンデーションで敏感肌にも使えるのは?

 

 

そもそも敏感肌って?

 

敏感肌は、生まれつきの「真の敏感肌」とクレンジングのやり過ぎなど

で自ら敏感肌の原因を作っている「後天性の敏感肌」の二種類があります。

 

いずれの場合も、外部の刺激に弱く、普通の人が刺激と感じない様な

微々たるものに過剰に反応してしまいがちです。

 

例えば、敏感肌の場合は、髪の毛が触れたりするだけでも刺激に感じますし

コスメの僅かな成分にかぶれる事もあります。

 

敏感肌の場合にコスメや ファンデーションの使い方

 

この様な場合は、ファンデーションも含めてコスメは

シンプルにする必要があります。

 

何品もつけるのではなくて、最低限のものに留めて

様子を見る事が大切です。

 

 

敏感肌の場合は、どんなファンデーションが向いているのか?

 

上記で説明した様に、敏感肌の場合は、ファンデーションに含まれる

添加物に反応する恐れがあります。

 

ですので、ファンデーションは、なるべく無添加物を使用する

と良いでしょう。

 

例えば着色料・香料・鉄鋼物・防腐剤などファンデーションに

よく使われている添加物は含まれていない敏感肌の方でも

比較的、刺激が少ないものがおすすめです。

 

敏感肌でも使えるファンデーションの例

 

また、もし可能であればメイクは軽めの

パウダーファンデーションや更に刺激が少ないルースパウダー(粉おしろい)や

済ませるのも一つの方法です。

 

化粧下地も敏感肌の場合は、刺激になってしまう可能性がありますので

保湿美容液を代用して使いましょう。

 

私が個人的におすすめなのが「リソウのリペアファンデーション」です。

リペアファンデーションは、無添加ファンデーションとして評価も高く

敏感肌の方からも愛用されています。
仕上がりやお肌への感じ、使い方などはこちらのレビューを参考にしてください。
⇒ リペアファンデーションの注意点と口コミ

 

このリペアファンデーションはリキッド、パウダー、フェイスパウダー

などの種類がありオーガニックでありながらカバー力や仕上がりも

素晴らしいので、敏感肌のファンデーションとしての

選択肢に 入れてみてもよいと思います。

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ