ブースター化粧水とは?効果や使い方は?

近年女性ファッション雑誌やネットのコスメランキングなどでブースター

化粧水という名前を皆さんは見た事があると思います。

ブースター化粧水ってなんだろう?

美容化粧品っぽくない名前で馴染みが薄いかもしれません。

このブースター化粧水は使い方によって大きな効果を発揮します。

ここでは、そんなブースター化粧水の概要・使い方・値段についてまとめました。

 

ブースタータイプ化粧水

 

ブースター化粧水とは何?概要について

 

ブースター化粧水とは基本的に肌の浸透力を高める物です。

肌のphをコントロールして肌のコンディションを使用後に一定の期間変化させます。

 

浸透性を高める事で表面から角質層までの道を作りその後の美容成分を肌内部に届けます。

また、ブースターに美容成分が配合されている場合はその成分も肌内部に浸透していき

結果的に2重、3重の効果で肌を潤わせる仕組みです。

 

ブースターのphコントロールにもどの中性域からどれくらいのアルカリ域まで持っていくかが
商品で違いますので、自分にあった物を探すまでに少し時間がかかるかもしれません。

化粧水全般に言える事ですが、お肌に合うか合わないかは千差万別です。

 

各美容メーカーのサンプルなどをじゅうぶん活用して1番あった物を使いましょう。

 

ブースター化粧水の使い方について

 

ブースターの効能は名前の由来から分かる様に『押し上げる』『効能を高める』などの働きがあります。

 

ブースターを使った後に使う基礎化粧品などの効能を更にアップさせる

サポート的な効果が多いに期待出来るのです。

 

ブースターに関してはニキビやニキビ跡に悩む人が使われる事が多いです。

これは、ニキビが出てきては消えを繰り返している場合は、

肌が角質肥大(ターンオーバーが上手にいかないで古い角質で厚くなっている状態)を

起こしてますので、ブースター化粧水のチカラを借りて徐々に、改善していく必要があるからです。

 

使い方は単純で、洗顔後綺麗になった肌に付けるだけです。

コットンなどは使用せずに、ハンドプレスでいいと思います。

 

ブースターの力で肌が柔らかく、親水性が高まり、

その後に化粧水などの基礎化粧品を使うと通常よりも導入効果が高まります。

基礎化粧品にどんな良い物を使っても、肌が疎水して受け付けなければ効果は期待出来ません。

 

しかしブースターを使う事で今まで使っていた化粧水でもグンと効果が上がるのです。

化粧水などの基礎化粧品を高級品にそう入れ替えする前に、

一度、ブースターを使用を検討してみるのもいい思います。

 

実際にショップのメイクコーナーへ行くと、様々なブースターが置かれていますので、

肌診断の際に相談して自分にはどのような物が良いか確認しておく事をお勧めします。

以下のおすすめする人やしない人も参考にして下さい。

 

ブースター化粧水をおすすめする人

 

● 肌トラブルが繰り返す方

● ニキビやニキビ跡に悩む方

● 美容液を使っても効果がみられない方

 

ブースター化粧水をおすすめしない人

 

● ピーリングを頻繁にする方は、逆に肌が乾燥する可能性が

あるので私はおすすめしません。

 

 

ブースター化粧水の値段など。安いものはある?

 

1番に自分の肌にあった物を使うのが良いのですが、長く継続していける物でないと意味がありません。
ブースターはちょいといいお値段の物が多いのです。(高いと言う意味ですが(^^;)

有名なブランドのブースターは30mlで1万円とかざらにします。
ですので、日々使用する物なので、毎月買っていても年間を通して続けられる物なのかを

検討して的を絞りましょう。

 

その上で、自分の肌にのせた時のつけ心地をチェックして、金額と照らし合わせて探しましょう。

お店で予算を伝えてテストすると良いかもしれません。

 

※ これまで管理人が使って良かったブースタータイプの化粧水です。

リプロスキンは値段も他のブースタ化粧水の中では値段や評判もそこそこいいと

思います。

 

↓ ↓ ↓

ブスタータイプのリプロスキン

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ