ブースター 導入液(美容液)の使い方や違いおすすめとは?

 

 

ブースター 導入液(美容液)ってそもそもなんで使うの?という人も多いと思うのですが

使い方次第では、効果を実感できるものです。

 

ここでは、ブースター 導入液(美容液)に解説すると

共におすすめのものも紹介していきます。

 

ブースター 導入液(美容液)とは?

 

ブースター化粧水

 

ブースター 導入液(美容液)はお肌にどんな違いを生みだすのか?

 

ブースター 導入液を使い方を説明する前に知って欲しいのは

肌には、健康な状態でないと「美容液」の成分をせっかく与えても

浸透していない状態があるという事です。

 

例えば、保湿成分などを与えても全く

肌に改善が見られない場合は、この状態を疑った方が良いと思います。

 

つまり

 

美容液を使う ⇒肌の深層には届いていない⇒肌は更に悪化

 

という悪循環を生み出しているのです。

 

以下は、肌の構造ですが

お肌はいく層にも実はなっています。

肌の一番表面には、角質層というものがあり

これが肌を外からの刺激や肌を乾燥から守っているのです。

肌の構造

この角質は定期的に生成と排出を繰り返し

生まれ変わっていますが(ターンオーバー)

様々な要因によって、この周期が乱れる事があります。

 

その場合は、古い角質が正常より余計に積みあがって

角質が厚くなり、肌が

 

. ゴワゴワ

. 美容液や化粧水が浸透していかない

 

な状態を生み出します。

この場合に必要なのがブースター 導入液(美容液)です。

 

私の経験上でも、化粧品を使って全く肌が改善されないという

場合でも美容液を使う前に、この導入液を使う事で

肌が良くなっていくとい事がありました。

 

 

ブースター 導入液(美容液)の使い方とおすすめは?

 

ブースター 導入液(美容液)は、角質層が厚くなった状態で

一時的に「美容液や化粧水」が浸透しやすい状態を作り出すものです。

 

ですので、洗顔後にブースター 導入液(美容液)を使う事で

その後の、保湿美容液などが浸透しやすくする状態を作りだします。

 

ここに導入液を使う意味があります。

つまり、お肌の改善を期待できる美容成分を

浸透させやすくして、お肌が健やかな状態をサポートするというのが

このブースター 導入液を使うメリットという事になります。

 

但し、ブースター 導入液(美容液)によっても

その作用はマチマチなのです。

 

これをなどは、面白いのですが

肌のPHを変化させて肌に美容成分が入りやすい状態を

サポートする導入液の典型です。

 

以下、これまで私が使っておすすめのブースター 導入液(美容液)です。

 

 

おすすめのブースター美容液

 

以上の通り

 

「肌が荒れていてどうも化粧品の成分が入っていく気がしないなぁー」

 

と感じたらブースター 導入液(美容液)の使用を検討される事をおすすめします。

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ