化粧品の保湿成分について

保湿をする為に、洗顔後に保湿系の美容液をつけますが、実は保湿成分も色々な種類が存在します。

また、一言で保湿成分といっても役割は微妙に異なります。

 

ここでは、保湿につかわれる化粧品の成分をまとめてみました。

保湿

 

化粧品で使われる保湿成分の種類と作用

 

冒頭で書いた通りに、保湿成分はどの様に水分を逃がさないかという点で

成分によって違います。

 

また、保湿力も成分によってまちまちなので、そのあたりを参考にして頂けると

嬉しいです。

 

水分を挟む保湿成分

 

■セラミド 

■ステアリン酸コレステロール

■レシチン

  

これらの成分は、水分をラメラ構造という水分を挟んで離さない性質があります。

この中では一番、有名なのはセラミドで一番の水分保持力があります。

 

水分を抱えこむ保湿成分

 

■ ヒアルロン酸

■ エラスチン

■ コラーゲン

 

これらは、真皮にも元々ある成分です。

ハリツヤの成分として美容液などにもよく使われる成分です。

挟みこむセラミド程は強力ではないのですが、比較的安価で

保湿力もあるから重宝される成分です。

 

吸湿性の保湿成分

 

■ 天然保湿因子 (NMF)

 

これは、水分を吸収してくれる作用があります。

保湿力はあまりありませんが、ペタつかないので

化粧品には使われる成分です。

化粧品の保湿成分の成分のまとめ

 

上記の様に、保湿成分は、多種に渡っているのです。

但し、お肌がどうしても乾燥すうるなど効果を求めるなら

やはり「セラミド」がオススメです。

 

セラミド配合の溶液を選ぶ際には、価格がある程度の値段で信頼性の

あるものをチョイスするのがポイントです。

 

セラミドといっても、効果の薄いものと効果が見込めるなど種類が多く

良質なももだとそれなりの原材料がするので、化粧品の価格にも反映される為です。

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ