安い化粧品は、安くない。石油系合成界面活性剤について

化粧品を選ぶ時のあなたの基準は何でしょうか?

 

売れていて人気のある商品。

コマーシャルでよく見る化粧品。

口コミを調べて効果がありそうなもの?

値段が安いものでしょうか。

 

人によってコスメを選ぶポイントって
様々だと思いますがこれを貴女の化粧品を選ぶ際の選考基準にぜひいれて欲しいものがあります。

 

 

特に化粧品には品質に限らないでとにかく値段で選んでいるって方は注意です。

 

 

実は、値段が安い化粧品は一般的に安くないのです。

 

なぜなら、安いコスメにはお肌にとって

とても有害な成分やお肌にとってよくない成分が含まれている可能性があります。

 

 

k

 

 

具体的な成分名を挙げていきますのでお手持ちの化粧品にこれらの成分が
使用されていないかどうか一度、チェックしてみて下さい。

 

石油系合成界面活性剤

 

この成分は、水と油を馴染ませる働きがある為に化粧品には不可欠です。

 

もちろん、多くのコスメ、洗剤、シャンプーなどに使用されています。

 

具体的な成分名は、トリエタノールアミン、ラウリエーテル硫酸塩などがあります。

 

これは、皮膚のバリアゾーンを突破して細胞を破壊する恐れがあります。

 

 

合成界面活性剤には、石油系と植物系があり前者は危険、後者は安全と言われて
いますが、学者さんや専門家の方でも議論が分かれる所でもあります。

 

植物系だから安全と合成界面活性剤である以上、言えないようです。

あくまで自然界には存在しない化学的成合されたものだからです。

 

もちろん、これは石油系にも当てはまります。

ですので、ましては私も含めた一般の人では尚更判断は難しいのでないでしょうか。

 

 

また、天然の界面活性剤もナチュラル、オーガニックコスメに使用されています。

成分としては、レシチン、サボニン、ガゼインです。

 

もちろん天然由来であれば安心して使用できますがその分値段が高かったりします。

 

安くても、大量生産された合成界面活性剤を使用している化粧品は後々、高くつく可能性があります。

 

成分表示を確認するのは難しいですが
お肌に有害な成分が使われているコスメ やシャンプーがあることを覚えておきましょう。

 

その上で、使用してお肌に異常が出た場合は、有害な成分やアレルギーがある可能性があります。

可能であれば皮膚科に相談するのも一つの手段です。

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ