赤みニキビ跡ケア化粧水について

赤みニキビ跡ケアの為の化粧水を探している人は多い様です。

ここでは、そんな化粧水を選ぶポイントについて解説していきたいと思います。

 

まず、化粧水の定義ですが

洗顔後に、美容液成分の通り道を作るモノや清涼感を得る為のもの

として厳密にはされる様ですが

ここでは、美容成分を与える美容液と同一として論じています。

 

ニキビ跡赤み

 

赤みニキビ跡ケア化粧水を選ぶポイントについて

 

まず、赤みニキビ跡ケアの化粧水を選ぶ考え方として

肌に美容液成分の通り道を作ってやるという本来の使い方を

するものを選択するというものあります。

 

本来は、ニキビ跡を治すのには

ビタミンC誘導体など肌の健康状態を回復する為に美容成分を与えてやるのが一番いいのです。

 

ただ、ニキビが繰り返してニキビ跡などになっている

場合などには、そもそも肌のターンオーバーの周期が乱れて可能性があります。

 

この場合、周期が乱れている為に角質肥厚になっている可能性があります。

「角質肥厚」とは古い角質が本来は垢として剥がれ落ちるべき所が蓄積して

肌の表面上の留まって、肥えている状態を指します。

この場合、肌はガサガサして厚く、美容成分なども通さない状態です。

 

この状態に気がつかないでひたすら美容液成分を与えていても

改善は見込めませので、この状態から脱する事が期待できる

化粧水を使う事が好ましいです。

 

このイメージに近いのが

私も使った事のあるこの化粧水です。

↓ ↓ ↓

リプロスキン

 

赤みニキビ跡ケア化粧水で美容成分

 

一方で、通り道を作っても

美容液成分を与えてあげないと肌の状態は良くなっていきません。

 

ニキビがふくらんで炎症を起こして

ニキビは殆どが平らになりおさまっているのに赤みだけが取り残された状態です。

 

実はこれは、生涯に渡り消えないというものでなく

厳密に言うと、数年をかけていけば消えるものです。

但し、多くの人はそこまで待ちきれないと言う人も多いでしょう。

 

そういった場合には、一般的に

ビタミンC誘導体を使うか、ビタミンC誘導体をイオン導入すると

治りが早いとされています。

 

ですので、赤みニキビ跡ケアとして

ビタミンC誘導体入りの化粧水か美容液を使うのも

一つの手です。

 

私がこれまで使った中でオススメはコレ

 

↓ ↓ ↓
シーボディVCシリーズ
 

また、赤みニキビ跡の場合には日焼けなどで

シミとして残ってしまう事も懸念されますので

そういった意味でビタミンC誘導体で美白ケアをしておく

という点でもメリットがあります。

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ