30代、40代のニキビの間違ったスキンケア

30代、40代でもニキビができますが、この場合間違ったスキンケアや化粧品の

使い方にある様です。

どうしてもニキビというと「十代にできるニキビ」のイメージや治し方を

引きずってしまいがちですが、実は30代、40代でできるニキビとは治し方は

根本的に違ってきます。

 

ここでは、30代、40代のニキビを悪化させる誤った

スキンケアとコスメの使い方について解説していきます。

 

”30代、40代のニキビ

 

30代、40代のニキビは乾燥させるコスメは厳禁

 

30代、40代のニキビを悪化させてしまったり原因となる

のは以下のケースが多いようです。

 

 

  • ニキビに硫黄配合の塗り薬を使う

 

  • 洗顔後に化粧水だけなど、さっぱり系の化粧品で済ませようとする

 

  • お化粧をしてない時もクレンジングしたりダブル洗顔をする

 

 

以上の行動の特徴は、お肌を乾燥させる点にあります。

 

イオウ配合の塗り薬は、主にニキビ菌を殺菌する為に使われますが

同時にお肌を乾燥させます。

30代、40代のニキビは、十代のニキビと違う

 

大人ニキビの場合は主にお肌の乾燥やストレス、睡眠不足など

内面的に原因があるので、イオウ配合の塗り薬は逆効果になる可能性が高いです。

 

 

また、ニキビの増加を恐れてサッパリした化粧水しか使わない方も多いですが

若い頃はと違って年を重ねてくると、皮脂分泌は低下してきます。

 

この皮脂は、肌を乾燥や外部からの刺激から守るバリアの役割をしていますので

化粧水・美容液の他に蓋をする役目のクリームや乳液を使う必要もあります。

 

 

同様に、肌を乾燥させて大人ニキビの原因として多いのが

不要なクレンジングとダブル洗顔です。

 

これは、お肌の皮脂を過剰に取り除いて大人ニキビができやすい

環境にお肌を変えてしまいます。

 

メイクをしていない時は、クレンジングは不要と思っておきましょう。

 

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ